積ん読が増えて行く

積ん読って何か分かりますか?

「読みたい本を積んでおく」略して積ん読です。

趣味が読書の方には結構あるあるなんじゃないでしょうか。

本が好きな方はストックが無いと落ち着かない!ということで積ん読されてる方結構多いですよね。私もその一人です。

多いときは100冊ぐらい未読の本が家にありました。文字通り部屋の隅に積んで置いていました。

何で積んでしまうかというと……分かりません。とにかく家に本がないと不安になってしまうんですよね。

移動時にも読めるように外出するときは絶対にかばんに本を入れています。

旅行の時などキャリーに5冊ぐらい入れて行くこともあります。

書店に行くと多いときで10冊ぐらい本を買っちゃうこともあるので必要以上に行かないようにしています。

これ面白そう!

と思って買った本でも読めるのは一年後、なんてこともザラにあります。

そんな積ん読ですか最近は40冊ぐらいまでに減って来ました。

金欠になった時に本買うの止めればいいんじゃない?と急に気づいたからです。

なので今はなるべく図書館も使うようにしています。図書館で借りれば本棚の本も増えなくていいですしね!

でも結局すぐに読みたい本は買ってしまうんですけれど……。

カテゴリー: スローライフな記録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です